« 結局 | トップページ | 聖セバスチャンのモティーフ »

2017年6月18日 (日)

ウリヤーナ・ロパートキナが引退

マリインスキー劇場がウリヤーナ・ロパートキナの引退を発表。
https://www.mariinsky.ru/news1/2017/06/16_3

こちらはVKの記事。舞台写真もあり。
https://vk.com/wall-130074765_1202

今シーズンは怪我で休んでいたけど、結局、それが治らなかった、ってこと? そうなると、引退公演もなし? それもまた彼女らしい。

『白鳥の湖』、『瀕死の白鳥』、『ジュエルズ/ダイヤモンド』、『シェヘラザード』、『パ・ド・カトル』、『アンナ・カレーニナ』、『愛の伝説』……数々の名演が目に浮かぶ。でも、一番印象に残っているのはイーゴリ・コールプと踊った『パヴロワとチェケッティ』だったり。あ、コールプとは『ザ・グラン・パ・ド・ドゥ』もあったっけ。

何はともあれ、お疲れ様でした。

ってことで、本日観た映画については、別エントリーにて。

【追記】
ジャパン・アーツのサイトにロパートキナのメッセージと舞台写真が掲載されてます。
http://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=2795

|

« 結局 | トップページ | 聖セバスチャンのモティーフ »

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事