« イングリッシュ・ナショナル・バレエ 2017年日本公演『海賊』 | トップページ | 開いてます »

2017年7月17日 (月)

7作品制覇

ヒューマントラストシネマ渋谷『嘆きの王冠 〜ホロウ・クラウン〜』を観る。残っていた『ヘンリー五世』と『リチャード三世』。これでようやく7作品制覇。

まずは、『ヘンリー五世』。

Hollow_henry_v

物語はヘンリー五世の葬儀から始まり、コロス(古代ギリシャ劇では複数だけど、シェイクスピアの作品ではひとり)の語りによって一気に過去へ遡る。コロス役はジョン・ハート。

放蕩息子が一転、名君へ。白馬に乗って登場したと思ったら、フランス大使へ宣戦布告。フランスへ進軍すれば、数々の名演説で兵士たちを鼓舞し、自らも勇猛果敢に戦う。そのうえ、決戦を前にひとり神に祈る姿を見せたり(王冠だけでなく、王位簒奪による罪悪感も、父から息子へ引き継がれていたわけで)、フランス王女キャサリンに対し、王冠を外し、ひとりの男性として求婚したり。トム・ヒドルストンの好演もあり、何とも魅力的な王様。

結局、赤痢であっという間に死んでしまうンだけど、この人が長生きしていたら歴史は変わっていたかも……そんな思いを禁じ得ない。

ってことで、ある意味、トムヒのPVのような作品。

続いて、『リチャード三世』。

Hollow_richard_iii

冒頭。リチャード三世の裸の背中がじっくり映される。その禍々しさが後の悲劇を予感させる。演じるはベネディクト・カンバーバッチ。映像ではあるものの、まるで舞台のようにカメラ目線でモノローグを繰り返す。

カンバーバッチより、寧ろ女性陣が印象に残る(すみません、カンバーバッチにまったく興味ないので)。中でも、セシリーのジュディ・デンチ、マーガレットのソフィー・オコネドー、エリザベスのキーリー・ホーズがリチャードを呪うシーンは強烈。
リチャードとリッチモンドの訓示をカットバックで描いていくあたりも、映像ならではの演出でワクワクした。

バッキンガム公のベン・ダニエルズ、どこかで観たと思っていたら、『LAW & ORDER: UK』の検事役か!

ってことで、ジョセフィン・テイ『時の娘』を読み返したくなった。

7作品制覇して真っ先に思ったのは、何かの舞台のアフタートークで、野田秀樹がイギリス人を評して言った「あいつらさぁ、結構、残酷よ」だった。いや、確かに残酷だわ。

◎本日の読書
 『フロスト始末』R・D・ウィングフィールド

|

« イングリッシュ・ナショナル・バレエ 2017年日本公演『海賊』 | トップページ | 開いてます »