« 10月になりました | トップページ | 風邪をひく »

2017年10月 8日 (日)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

2017年10月7日(土)〜8日(日) 文京シビックホール 大ホール
http://ambt.jp/

[演出・振付]テリー・ウエストモーランド(マリウス・プティパ原振付による)
[音楽]ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
[脚本]マリウス・プティパ、イワン・フセボロージスキー(シャルル・ペローの原作より)
[美術]ロビン・フレーザー・ペイ
[指揮]デヴィッド・ガルフォース [演奏]東京オーケストラMIRAI

オーロラ姫:中川郁
フロリモンド王子:菊地研

リラの精(知恵):三宅里奈
カラボス:保坂アントン慶
フロレスタン24世王:三船元維
王妃:坂西麻美

水晶の泉の精(美):高橋万由梨
魅惑の庭の精(強さ):阿部裕恵
森の聖地の精(優雅):茂田絵美子
歌い鳥の精(雄弁):織山万梨子
黄金のぶどうの木の精(活気):日高有梨
カバリエール:中島哲也、坂爪智来、石田亮一、濱田雄冴、ラグワスレン・オトゴンニャム、元吉優哉

フランスの王子:塚田渉
スペインの王子:石田亮一
インドの王子:米倉大陽
ロシアの王子:ラグワスレン・オトゴンニャム

ギャリソン(王子の副官):鈴木真央
公爵夫人:田切眞純美

金の精:田村幸弘
銀の精:須谷まきこ
サファイアの精:細野生
ダイアモンドの精:太田朱音
白猫:日高有梨
長靴を履いた猫:元吉優哉
フロリン王女:米澤真弓
ブルーバード:清瀧千晴
赤ずきん:上中穂香
狼:石田亮一

中川郁のオーロラ姫デビューとなれば、何としても行かねばならぬ。ってことで、時間をやり繰りして観てきました〜。セカンド・キャストではあったものの、全体的にはまとまりのある舞台に仕上がっておりました。

オーロラ姫の中川は、踊りはもちろん、幕毎の演じ分けも明確で、余裕すら感じさせるほど。王子の菊地研が些か調子悪そうなところを、ここは自分が引っ張っていく! くらいの気概を感じさせながら、終始、平常心を保っているようにも見え、正直、驚きましたです。はい。やるやると思っていたけど、ここまでやるとは……。感嘆。

それにしても、3幕グラン・パ・ド・ドゥのコーダって、こんなに盛り上がらない振付だったかしらん? ウエストモーランドの振付に、さらに芸術監督が手を入れたとか? う〜む。

リラの精の三宅里奈は初役かな。舞台を包み込む大きさや毅然とした印象は薄かったけど、長い手脚を活かしたアラベスクは美しかったです。

ダイアモンドの精を踊った太田朱音が、6月の『ドン・キホーテ』でのキューピッドに続いて、今回も印象に残る。
ブルーバードの清瀧千晴も、相変わらず軽くて柔らかくて素晴らしかったです。

座席の位置が悪かったのか、管楽器の音がビリついて聴こえたのが、返す返すも残念。

【関連記事】
『眠れる森の美女』公演直前インタビュー 大役、オーロラ姫デビューを果たす中川郁(牧阿佐美バレヱ団)
牧阿佐美バレヱ団ダンサー 中川郁、菊地研、保坂アントン慶 スペシャルインタビュー

|

« 10月になりました | トップページ | 風邪をひく »

2017年鑑賞記録」カテゴリの記事