« 国立劇場 十月歌舞伎公演『通し狂言 霊験亀山鉾』 | トップページ | 『表に出ろいっ!』English version “One Green Bottle” »

2017年10月27日 (金)

河東節開曲三百年記念演奏会 昼の部

2017年10月27日(金) 歌舞伎座

「初代十寸見河東が同じ江戸浄瑠璃の半太夫節から分かれ河東節を独立創始したとされる享保二年(1717年)から数えて丁度三百年」を記念した演奏会。なんつーか、成田屋と音羽屋をゲストに迎えた豪勢な発表会とでも言いましょうか。参加費を払い、揃いの着物と帯を誂え、いろいろたいへんだな、と。大きなお世話ですね。はい。

一、浄瑠璃 松の内

二、浄瑠璃 常陸帯花の柵

三、口上/舞踊 海老

口上:市川海老蔵

立方:堀越麗禾
   堀越勸玄

後見:市川海老蔵
   市川ぼたん

四、舞踊 松廼寿翁三番叟

翁:尾上菊五郎
千歳:尾上菊之助
三番叟:市川海老蔵

後見:市川新十郎
   尾上音之助
   市川升吉
   尾上音一朗

五、浄瑠璃 浮世傀儡師

六、舞踊 助六所縁江戸桜

立方:市川海老蔵

後見:市川升一

ワタクシ的には、最後の『助六』素踊りがお目当て。幕が上がると、普段は三浦屋の格子の内側にいて客席からは顔もよく見えない河東節十寸見會御連中が、揃いの着物でずらりと並んでいる。総勢70名くらい? さすがに壮観。ちなみに、昼の部は女性、夜の部は男性、だそうな。

花道は使わず、下手から登場する海老蔵。喋らないとほんっとに素敵だわ。後援会を継続するか否かで悩んでたけど、これで継続決定(単純な奴)。

『海老』の麗禾ちゃんと勸玄くんは、出てきただけで大拍手&大歓声。海老蔵も言っていたように、踊るというよりは存在している、って感じではあったけど、後見として海老蔵と妹のぼたんが控え、堀越家勢揃いが何とも感慨深い。

『松廼寿三番叟』は能舞台の仕様で、千歳の菊之助、翁の菊五郎、三番叟の海老蔵の順に橋懸かりを渡って登場。菊五郎は少し身体が重そうに見えて、些か心配になったり。後半は海老蔵と菊之助のふたりになるので、久しぶりの海老菊共演と河東節開曲三百年を寿ぎつつ。

三味線の山彦千子が何気に出突っ張りの大活躍。

|

« 国立劇場 十月歌舞伎公演『通し狂言 霊験亀山鉾』 | トップページ | 『表に出ろいっ!』English version “One Green Bottle” »

2017年鑑賞記録」カテゴリの記事