« ハンブルク・バレエ団 2018年日本公演『椿姫』 | トップページ | 国立劇場 二月文楽公演 第三部 »

2018年2月 6日 (火)

歌舞伎座百三十年 二月大歌舞伎 夜の部

2018年2月1日(木)〜25日(日) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

Kourai_maku_3

先月に引き続き、二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の襲名披露。新・白鸚と新・染五郎の襲名披露狂言となる『仮名手本忠臣蔵』の七段目は、お軽と平右衛門を日替わり(奇数日を玉三郎と仁左衛門、偶数日を菊之助と海老蔵)で演じるという贅沢さ!

『一谷嫩軍記 熊谷陣屋』

熊谷次郎直実:市川染五郎 改め 松本幸四郎
熊谷妻 相模:中村魁春
平経盛室 藤の方:中村雀右衛門
梶原平次景高:中村芝翫
亀井六郎:中村歌昇
片岡八郎:中村萬太郎
伊勢三郎:坂東巳之助
駿河次郎:中村隼人
堤軍次:中村鴈治郎
白毫弥陀六 実は 弥平兵衛宗清:市川左團次
源義経:尾上菊五郎

新・幸四郎の襲名披露狂言。2010年の初役の時を観ているけど、声も線も太くなり、格段によくなっていてビックリ〜。幕切れの「十六年はひと昔」で泣かされるとは思ってもみなかったよ。

相模の魁春、藤の方の雀右衛門、梶原の芝翫、軍次の鴈治郎、弥陀六の左團次、そして、義経の菊五郎という襲名披露ならではの豪華な布陣に支えられているとは言え、やはり本人の努力の賜物かと。

それにしても、菊五郎の義経は絶品だね。華やかで気品があって、ずっと観ていたい……。

『壽三代歌舞伎賑 木挽町芝居前』
二代目松本白鸚 十代目松本幸四郎 八代目市川染五郎 襲名披露 口上

松本幸四郎 改め 松本白鸚
市川染五郎 改め 松本幸四郎
松本金太郎 改め 市川染五郎
   ○
座元 音羽屋菊五郎:尾上菊五郎
芝居茶屋 松嶋屋仁左衛門:片岡仁左衛門
茶屋女房 お玉:坂東玉三郎
男伊達 高島屋左團次:市川左團次
同   揚羽蝶の又五郎:中村又五郎
同   イ菱の鴈治郎:中村鴈治郎
同   桐蝶の錦之助:中村錦之助
同   音羽の松緑:尾上松緑
同   成田屋海老蔵:市川海老蔵
同   三つ大の彌十郎:坂東彌十郎
同   成駒屋芝翫:中村芝翫
同   揚羽蝶の歌六:中村歌六
女伊達 魁お春:中村魁春
同   萬屋お時:中村時蔵
同   京屋お貞:中村雀右衛門
同   松嶋お孝:片岡孝太郎
同   萬屋お梅:中村梅枝
同   花菱形のおこま:市川高麗蔵
同   明石屋お友:大谷友右衛門
同   加賀屋の吾妻:中村東蔵
同   嵯峨野のお秀:片岡秀太郎
役者 松本錦吾:松本錦吾
表方 廣太郎:大谷廣太郎
高麗屋番頭 猿之助:市川猿之助
町火消組頭 楽善:坂東楽善
町年寄 二引屋我當:片岡我當
江戸奉行 中村高砂守:中村梅玉
太夫元 播磨屋吉右衛門:中村吉右衛門
山城屋抱え芸者 お藤:坂田藤十郎

江戸木挽町の芝居小屋。白鸚、幸四郎、染五郎の高麗屋親子三代の襲名を町中の人々が集い寿ぐ。

本舞台に高麗屋三代、藤十郎、菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、我當、楽善、猿之助らが並び、本花道に男伊達、仮花道に女伊達、最後に梅玉と玉三郎が登場し、実に、実に実に壮観!

お上から厄除けの金幣を賜り、客席も一緒に手を締め、舞台が変わると三人だけの口上となる。何でも「歌舞伎座の開場記念の公演以来の出演者の数」だそうな。

「“歌舞伎職人”になる覚悟でござりまする」と新・幸四郎。“職人”って表現が何とも彼らしい。

今月の祝幕は草間彌生デザイン。えぇ、えぇ、もちろん、私は三階席でございますよ。

Kourai_maku_4

『仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場』

大星由良之助:松本幸四郎 改め 松本白鸚
大星力弥:松本金太郎 改め 市川染五郎
赤垣源蔵:大谷友右衛門
富森助右衛門:坂東彌十郎
矢間重太郎:中村松江
斧九太夫:松本錦吾
遊女お軽:尾上菊之助
寺岡平右衛門:市川海老蔵

由良之助の新・白鸚が何を喋っているのか、全然、わかりません(←この文言、一体、何度書いたことだろう?)。ま、お目当は菊之助のお軽と海老蔵の平右衛門に力弥の新・染五郎だから、別にいいンだけど。

海老蔵の平右衛門って、基本、地味で妙に影があるのよね。台詞も、時折、今っぽくなるから、義太夫狂言の味わいはメチャメチャ薄い。あと、相変わらず眼を剥き過ぎ。

対する菊之助は……七段目のお軽を観るのは初めてかも。二階の障子を引いた後の立ち姿が美しく、思わず見入る。ただ、その後は意外に現代的というか、こちらも義太夫狂言の味わいは薄い。

とりあえず、ふたりが兄妹に見えたので、今後に期待。

力弥の新・染五郎、玲瓏たる美しさで見事な若衆ぶり。身体がぶれる(バレエを観るようになってから、身体の動きがすんごく気になる)のは、まだ若いし仕方ないかな。

やっぱ玉三郎と仁左衛門の出演日も観たくなってきた。幕見しようかしらん?

【関連記事】
歌舞伎座「二月大歌舞伎」初日開幕|歌舞伎美人

|

« ハンブルク・バレエ団 2018年日本公演『椿姫』 | トップページ | 国立劇場 二月文楽公演 第三部 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事