« 国立劇場 二月文楽公演 第二部 | トップページ | 宝塚歌劇 花組公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 »

2018年2月26日 (月)

延寿會 第二部

2018年2月26日(月) 歌舞伎座
http://www.kiyomoto.org/

六代目清元延寿太夫三十三回忌追善に七代目清元延寿太夫襲名三十周年記念、さらに、尾上右近事七代目清元栄寿太夫と清元昂洋改め初代清元斎寿の襲名披露も。いやいや、盛り沢山やね。

『筐花手向橘 吉原雀』

立方:中村勘九郎
   中村七之助

   清元延寿太夫
   清元美寿太夫
   清元志寿雄太夫
   清元清美太夫
   清元國恵太夫

   清元菊輔
   清元栄吉
   清元美三郎
 上:清元美十郎

兄弟で踊ると、やはり勘九郎に一日の長。
七之助が、思いの外、男っぽい。

素踊りは、普段、気がつかないことを気づかせてくれるから、好きなんだよね。

『口上』

尾上菊五郎
    ○
清元延寿太夫
尾上右近 事 清元栄寿太夫
清元昂洋 改め 清元斎寿

いつも家元のことを「聴くに堪えない清元」と呼んでますけど(そして、その思いは変わりませんけど)、今日だけはちゃんと「延寿太夫」と呼びます。いや、よかったね、延寿太夫。

菊五郎が三人を紹介した後、誰も口を開かなくて、しばらく間が空く。菊五郎や延寿太夫が新・斎寿に合図を送ってるよ(笑)。緊張してたのかしらん? その間、新・栄寿太夫は微動だにせず。

兄弟の口上の最中、懐から手拭いを出し、涙を拭う延寿太夫。いろいろたいへんだったンだろうね……。

書割がかなり独特。中央の波頭は『ワンピース』かな?

『再茲歌舞伎花轢 お祭り』

鳶頭:尾上菊之助
鳶:市村橘太郎

   清元延寿太夫
   清元清寿太夫
   清元梅寿太夫
   清元一太夫
   清元成美太夫

   清元美治郎
   清元志寿造
   清元雄二朗
 上:清元美一郎

鳶頭の菊之助、一杯機嫌の酔態はいまひとつ。ただ、惚気話のあたりでふうわりとした色気が立ち上る様は、と〜っても素敵でした。

『深山桜及兼樹振 保名』

安倍保名:片岡仁左衛門

   清元延寿太夫
   清元栄寿太夫
   清元清栄太夫
   清元清美太夫

   清元梅吉
   清元菊輔
 上:清元斎寿

いよいよ新・栄寿太夫の登場! 父と兄も共に山台に並び、何はともあれめでたい。

新・栄寿太夫は声量があり、音階もしっかりしていたけど、まだ清元の語りではないかな。ま、これからですかね。歌舞伎役者と清元、どっちも中途半端、てなことにならぬよう、精進を重ねていってくださいませ。

保名が仁左衛門とは贅沢の極み。もともと踊りが上手い人ではないけど、あの美貌さえあれば何もいりません(笑)。

『六歌仙容彩 喜撰』

          上:清元美三郎
            清元栄吉
            清元美多郎
            清元志寿朗

            清元清寿太夫
            清元初栄太夫
            清元志寿子太夫
            清元美好太夫

 上:清元斎寿
   清元志寿造
   清元菊輔
   清元三之輔

   清元延寿太夫
   清元美寿太夫
   清元幸寿太夫
   清元清栄太夫
   清元一太夫

          上:清元美十郎
            清元雄二朗
            清元勝三郎
            清元美治郎

            清元寿美太夫
            清元榮志太夫
            清元志寿雄太夫
            清元清美太夫
(舞台面)

最後は素浄瑠璃。
本日、何気にご活躍の清美太夫。高音が綺麗で好きかも。名前を覚えておこう。

|

« 国立劇場 二月文楽公演 第二部 | トップページ | 宝塚歌劇 花組公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事