« 宝塚歌劇 花組公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 | トップページ | 歌舞伎座百三十年 三月大歌舞伎 夜の部 »

2018年3月11日 (日)

日本バレエ協会『ライモンダ』

2018年3月10日(土)〜11日(日) 東京文化会館
http://www.j-b-a.or.jp/

[原振付]マリウス・プティパ [音楽]アレクサンドル・グラズノフ
[新振付・演出]エリダール・アリーエフ
[振付指導]ユリヤ・スミルノーワ(サンクトペテルブルグ・ヤコブソン劇場)、イリーナ・イワノーワ(チャイコフスキー記念バレエ劇場)
[バレエ・ミストレス]佐藤真左美、鈴木未央、角山明日香
[指揮]アレクセイ・バクラン
[オーケストラ]ジャパン・バレエ・オーケストラ

ライモンダ:酒井はな
ジャン・ド・ブリエンヌ:浅田良和
アブドゥルラクマン:福岡雄大

クレメンス:玉井るい
エンリエット:平尾麻実
ベルナール:吉瀬智弘
ベランジェ:高谷遼

シヴィル・ド・ドリ伯爵夫人:深沢祥子
アンドレイ2世王:中村一哉

天女、グラン・パ・クラシック:堀口純、仙頭由貴

サラセン:渡久地真理子、牧村直紀
パナデロス:大木満里奈、長清智
チャルダース:小泉菜摘、冨川祐樹
ハンガリー:芝原美結、岡井萌、小山憲、佐藤祐基

2018都民芸術フェスティバルのチケットプレゼントで観てきました。ってことで、自腹じゃないので、簡単に。

タイトルロールは酒井はな。意外にも全幕を踊るのは初めてらしい。日本のバレエ団では牧阿佐美バレヱ団と新国立劇場バレエ団くらいしかレパートリーに入ってないものね。上演機会が少ない割には、好きなんです、私。

今日も堪能した〜。何が凄いって、酒井の年齢であれほどの身体やテクニックを維持しているのが、もう驚異的。ソリストたちを従えて踊る姿の、なんと神々しいこと! このままいつまでもいつまでも踊り続けていただきたい。

特筆すべきは、アブドゥルラクマンの福岡雄大。所謂、儲け役ではあるンだけど、メイクも演技も濃くて、普段の王子様からは想像もつかない変身ぶり。ってゆうか、最後まで福岡だと確信が持てなかったり。いや、まぢで。

その他、ベランジェの高谷遼の高い高い跳躍と久しぶりに観た堀口純の優美さも、印象に残る。

日本バレエ協会の公演は、あちこちのバレエ団やフリーのダンサーの寄せ集めなんだけど、毎回、ちゃんと統一感があって、完成度も高い。

あぁ、それなのに、それなのに、関係者(それも理事会役員と思しき方々)の客席での会話が……。噂話をあんなに大声でするものではありません。しかも、オーケストラの演奏が始まっても話し続けるって、どうよ? ああいう出来事を目にしてしまうと、やっぱ「協会」と名のつくところは碌なもんじゃないな、と思わざるを得ない。

|

« 宝塚歌劇 花組公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 | トップページ | 歌舞伎座百三十年 三月大歌舞伎 夜の部 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事