« 牧阿佐美バレヱ団『ライモンダ』 | トップページ | 文楽既成者研修発表会 文楽若手会 »

2018年6月22日 (金)

シアターコクーン・オンレパートリー2018『ニンゲン御破算』

2018年6月7日(木)〜7月1日(日) Bunkamura シアターコクーン
http://www.bunkamura.co.jp/

[作・演出]松尾スズキ [美術]池田ともゆき [照明]大島祐夫
[音楽]伊藤ヨタロウ [音楽・音楽監督]門司肇 [音響]藤田赤目
[衣裳]戸田京子 [ヘアメイク]大和田一美 [振付]振付稼業air:man
[殺陣]前田悟 [所作指導]藤間貴雅

加瀬実之介:阿部サダヲ
灰次:岡田将生
お吉:多部未華子

黒太郎、番頭:荒川良々
田辺健蔵、彰義隊、水屋、足軽:皆川猿時
豊田夢之進、新撰組、見世物芸人:小松和重
ヒュースケン、官軍、ヤクザ、関、幇間(玉助):村杉蝉之介
お福、婆あ:平岩紙
佐野、彰義隊、ぼてふり、役人、取り方(偉):顔田顔彦
安藤小太郎、官軍、武士、提灯持ち:少路勇介
イマ、婆あ、小娘、太夫(花魁)、飯盛り女、夜鷹:田村たがめ
有村雄介、彰義隊、武士、若衆、役人、取り方:町田水城
ボブ、彰義隊、ヤクザ:山口航太
テツ、婆あ、禿、母親、夜鷹、役人:川上友里
録蔵、トム、官軍:片岡正二郎
ムツ、婆あ、芸人:家納ジュンコ
瀬谷修一朗、新撰組、博徒:菅原永二
河竹黙阿弥、新瓦版売り、土方歳三:ノゾエ征爾
隠し玉、婆あ:平田敦子

鶴屋南北、瓦版売り、近藤勇:松尾スズキ

《演奏》
幕末どさくさ社中
門司肇 (Keyboard)
清水直人 (Sax)
磯部舞子 (Violin)

あー、面白かった! 休憩挟んで3時間15分があっという間。盛り沢山でお腹いっぱい(笑)。

松尾スズキ初の時代劇で、十八代目中村勘三郎(当時は勘九郎)に書き下ろした『ニンゲン御破産』を、キャストを一新し、タイトルも一文字改め『ニンゲン御破算』として、15年ぶりに上演。勘三郎が苦手だったワタクシは、当然、初演は観ておりません。

もともと勘三郎に当て書きされたとは言え、実之介は狂言作者を志しているわけで、松尾自身が多分に投影されているような。おまけに、実之介が弟子入りを志願する南北と黙阿弥は虚実の狭間を漂う存在というメタシアター的構造もあって、「演劇とは?」という松尾の真摯な問いかけが透けて見えるような、見えないような(どっちなんだよ?>ぢぶん)。

キャストは大人計画とサモ・アリナンズとはえぎわの混成部隊に、ミュージカルの人たちと岡田将生と多部未華子が加わったごった煮状態。でも、皆さん、何気に馴染んでいて、思いの外、いい座組。

多部未華子は『農業少女』の時から観ているけど、舞台女優として順調に育ってきているね。
そしてやっぱり、岡田将生は美しい……。

2016年の『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』に続いて、今回も邦楽を使用。“松尾歌舞伎”をさらに押し進めたとも言える。

|

« 牧阿佐美バレヱ団『ライモンダ』 | トップページ | 文楽既成者研修発表会 文楽若手会 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事