« シアターコクーン・オンレパートリー2018『ニンゲン御破算』 | トップページ | ベスト16 »

2018年6月28日 (木)

文楽既成者研修発表会 文楽若手会

2018年6月28日(木)〜6月29日(金) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

早目に仕事を切り上げて事務所を出るつもりが、何だかんだと遅くなり、結局、半分くらいは観られなかったよ。トホホ。もともと17時の開演に間に合わないのは織り込み済みだったけど、さすがにちょっと悔やまれる。

『万才』

    竹本小住太夫
    豊竹咲寿太夫
    竹本碩太夫
    鶴澤清公
    鶴澤清允
    鶴澤燕二郎

〈人形役割〉
太夫:吉田玉彦
才蔵:桐竹勘次郎

ってことで、まったく観られませんでした。

『絵本太功記』

夕顔棚の段
    豊竹亘太夫
    野澤錦吾

尼ヶ崎の段
  前:豊竹希太夫
    鶴澤友之助
  後:豊竹靖太夫
    鶴澤寛太郎

〈人形役割〉
母さつき:桐竹紋臣
妻操:吉田簑紫郎
嫁初菊:吉田玉誉
旅僧 実は 真柴久吉:吉田簑太郎
武智光秀:吉田玉勢
武智十次郎:吉田玉翔
加藤正清:吉田和馬
百姓:大ぜい
軍兵:大ぜい

席に着いたのは《尼ヶ崎の段》の途中、さつきはすでに傷を負い、光秀が声を荒げて「退さりをらう」とやってるあたり。その後、瀕死の十次郎が登場し、光秀が木に登ったり、久吉が大将の姿で現れたり、さつきと十次郎が息絶えたりして、あっという間に幕。

あれこれ言えるほどの時間は観てないンだけど、靖太夫と寛太郎のおかげで、物語にすっと入れた気はする。

さつきの紋臣は動きらしい動きはないものの(傷を追っているので)、動かないその静謐さに目がいくというか、心惹かれるというか。

『傾城恋飛脚』

新口村の段
  口:竹本碩太夫
    鶴澤燕二郎
  前:豊竹咲寿太夫
    鶴澤清丈
  後:豊竹芳穂太夫
    鶴澤清馗

〈人形役割〉
忠三女房:吉田玉路
八右衛門:吉田玉峻
亀屋忠兵衛:桐竹紋吉
遊女梅川:桐竹紋秀
樋の口の水右衛門:吉田玉征
伝が婆:豊松清之助
置頭巾:吉田玉延
弦掛の藤治兵衛:吉田和登
針立の道庵:吉田簑悠
親孫右衛門:吉田文哉
捕手小頭:吉田簑之
節季候:大ぜい
古手買:大ぜい
捕手:大ぜい

口の碩太夫と燕二郎が新鮮でよかったです〜。こういうのが若手会の醍醐味なんでしょうね。
後の芳穂太夫と清馗も普通によかったけど、若手、なのか?(誰か文楽における「若手」の定義を教えてー!)

忠兵衛の紋吉、梅川の紋秀、孫右衛門の文哉は、皆、安定していた。

休憩時間のロビー。どこかで見た顔だな……と思ったら、技芸員(大御所)でした。私服だとすぐにはわかりませんね。

|

« シアターコクーン・オンレパートリー2018『ニンゲン御破算』 | トップページ | ベスト16 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事