« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

あれよあれよという間に7月も終わり

親の熱中症やら(幸い軽症で済んだ)、実家の水回りの修理やらで、結局、七月大歌舞伎には行けなかったわ。トホホ。夜の部の『源氏物語』がかなりトンデモな出来だったらしいので、観ておきたかったンだけどな……。

NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』のチケットをようやく発券。2枚とも2階席じゃんかよぉ。ちえっ。ま、でも、前半1回、後半1回、それも千穐楽が取れたンだから、よしとしよう。はあぁ、楽しみ〜。

◎本日の読書
 なし

|

2018年7月20日 (金)

初NTLive

一週間ほど前、シネ・リーヴル池袋の《NTLiveアンコール夏祭り》で『誰もいない国』を観る。上演前に喜志哲雄先生のトークあり。聞き手は演劇ライターの大堀久美子さん。

まずは、トークの覚え書き。
ピンターは「わかる」ということを許してくれない劇作家。近代リアリズム演劇はわかる。ピンターはわからない。そこが革命的。実際、私たち自身も何故やったのかわからないことは多い。

言葉は交渉の武器として使用されている。時に、時間稼ぎだったり、時に、相手を混乱させたり。

結末がどうなるかを気にしないで観た方がいい。

スプーナーの言葉遣いが変化している。
丁寧な言葉(相手を探っている)→普通の会話→学生言葉は、ゲイネタ→男女の夫婦生活の話→不倫話に呼応しているのでは?

ゲイのテイストが其処彼処に。例えば、ハムステッド・ヒースはゲイがクルージングする場所、ジャック・ストローズ・キャッスルカースルは有名なゲイバー。

新国立劇場での上演に触れて。
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011667.html

出版用の翻訳と上演用のそれは別物だと考えている。最初の翻訳は初演の上演(ハーストはラルフ・リチャードソン、スプーナーはジョン・ギールグッドだったそうな)を再現したつもり。今は、演出の寺十吾さんと台本に手を入れているところ。

新劇は古い形式にこだわり過ぎ、リアリズムに囚われ過ぎ。新国立劇場のキャスト、柄本明さんと石倉三郎さんは、新劇とは違う出自の人たちなので楽しみ。

あ、NTLiveの方は、ハーストのパトリック・スチュワートとスプーナーのイアン・マッケランが可愛くて可愛くて、ニマニマしているうちに終わってしまいました(笑)。

【関連記事】
NTLive×新国立劇場 コラボ企画 フルレポート公開!|新国立劇場 演劇

◎本日の読書
 『花殺し月の殺人』デイヴィッド・グラン

|

2018年7月16日 (月)

終わっちゃった

ロシアW杯決勝、フランス vs クロアチアは4-2でフランスが勝利。20年ぶり2度目の優勝かぁ。ま、なんだかんだ言っても、楽しかった!

◎本日の読書
 なし

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »