« あれよあれよという間に7月も終わり | トップページ | ねこあるあるある »

2018年8月15日 (水)

第15回 世界バレエフェスティバル ─Sasaki GALA─

2018年8月15日(水) 東京文化会館
http://www.nbs.or.jp/

[指揮]ワレリー・オブジャニコフ [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団
[ピアノ]フレデリック・ヴァイセ=クニッテル(『マルグリットとアルマン』より)

楽しかったのは確かだけど、淡々と観ていたのも事実。愛着のあるダンサーが出演しているか否かは、自分にとってかなり大事な要素なんだな、ということを改めて実感したSasaki GALAでございました。東京フィルハーモニー交響楽団が、時々、やらかしていて興醒め。

【第1部】

序曲『戴冠式行進曲』(ジャコモ・マイヤベーア作曲)

『ドリーブ組曲』
[振付]ジョゼ・マルティネス [音楽]レオ・ドリーブ

レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ

ふたりとも溌溂として清新。初っ端には相応しい。
それにしても、パリ・オペラ座の若手はガラでよくこれを踊るね。そんなにいい振付だとは思わないけど、他とかぶらないのは利点かな。

『ライムライト』
[振付]カタジェナ・コジルスカ [音楽]ニュー・タンゴ・オルケスタ

エリサ・バデネス

音楽、照明、衣裳、すべてが相俟って、面白かった。

『白鳥の湖』より グラン・アダージオ
[振付]レフ・イワーノフ [音楽]ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

オレシア・ノヴィコワ、デヴィッド・ホールバーグ

日本ではなかなかお目にかかれないノヴィコワの白鳥。優雅で楚々として素敵でした。でも、せっかくならサラファーノフと踊って欲しかったわ。
サポートに徹するホールバーグ。まだ本調子じゃないのかしらん?

『アリシアのために──アリシア・アロンソに捧ぐ』
[振付]タニア・ヴェルガラ [音楽]フランク・フェルナンデス

ヴィエングセイ・ヴァルデス

下手に椅子と白いヴェール。ホリゾントに、時折、映し出される在りし日のアロンソの姿。彼女へのリスペクトは感じられるものの、ちょっと長い。

『タイス(マ・パヴロワより)』
[振付]ローラン・プティ [音楽]ジュール・マスネ

マリア・アイシュヴァルト、ロベルト・ボッレ

あぁ、プティだ……。アイシュヴァルトは何を踊っても振付家のニュアンスを完璧に捉えることができる希有なダンサーだな、と。
ボッレがプティを踊って見事なのは言わずもがな。

『グラン・パ・クラシック』
[振付]ヴィクトル・グゾフスキー [音楽]フランソワ・オーベール

ドロテ・ジルベール、マチアス・エイマン

「ミリアム・ウルド=ブラームはAプロ、Bプロへの出演中に脚を痛め」たため、直前で降板。久しぶりにウルド=ブラームを観られると思って楽しみにしていたのに……縁がないな。

相変わらずキメキメのジルベール。やり過ぎて、ちょっと崩れちゃうのはご愛嬌?
エレガンスを体現しているかのようなエイマン。素敵。

【第2部】

「ロミオとジュリエット」より 第1幕のパ・ド・ドゥ
[振付]ケネス・マクミラン [音楽]セルゲイ・プロコフィエフ

サラ・ラム、マルセロ・ゴメス

ふたりとも演技巧者やね。一瞬たりとも目を離せない。濃密なドラマを堪能。特に、幕開けのバルコニーでラムが見せた刻々と変化するジュリエットの感情表現には瞠目。

『デグニーノ』
[振付]マルコス・モラウ [音楽]アレクサンドル・クナイフェル

マリア・コチェトコワ

ちょっぴりシュールで、コチェトコワの魅力全開。ただ、あのキテレツな衣装(全身黒のシースルーで、胸に黒い丸がふたつ)が気になって気になって……。

『タチヤーナ』
[振付]ジョン・ノイマイヤー [音楽]レーラ・アウエルバッハ

アンナ・ラウデール、エドウィン・レヴァツォフ

タチヤーナってことは、『オネーギン』ですか? 作品をよくわかってなくて、漫然と観ているうちに終わってしまった。

『モノ・リサ』
[振付]イツィク・ガリリ [音楽コンセプト・作曲]トーマス・ヘフス、イツィク・ガリリ

アリシア・アマトリアン、フリーデマン・フォーゲル

アマトリアンとフォーゲルも大人になったね……と、思わず遠い目をするワタクシ。このふたりを『太陽に降り注ぐ雪にように』で初めて観てから、もう15年経つのか!
この作品、何度か観ているけど、今までで一番しっくりきたかも。

『ワールウィンド・パ・ド・ドゥ』 *世界初演
[振付]ティアゴ・ボアディン [音楽]ルドヴィコ・エイナウディ

ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ

えっと……すでに記憶にないです。すみません。

『ローレンシア』
[振付]ワフタング・チャブキアーニ [音楽]アレクサンドル・クレイン

マリーヤ・アレクサンドロワ、ウラディスラフ・ラントラートフ

如何にもボリショイ! なふたりに胸が躍る。自由に移籍できる環境はダンサーにとって素晴らしいことだとわかっていても、それぞれのバレエ団の特徴(踊りから匂い立つ芳香のようなものも含めて)が失われていくのは、正直、寂しい……そんなことを思ったり。

【第3部 佐々木忠次へのオマージュ】

『月に寄せる七つの俳句』より パ・ド・トロワ
[振付]ジョン・ノイマイヤー [音楽]ヨハン・セバスティアン・バッハ

シルヴィア・アッツォーニ、アレクサンドル・リアブコ、エドウィン・レヴァツォフ

アレッサンドラ・フェリの短いながらも心のこもったスピーチの後、「佐々木忠次へのオマージュ」と銘打った第3部が始まる。

最初は、ノイマイヤーが東京バレエ団に振り付けた『月に寄せる七つの俳句』より。第2部の『タチヤーナ』同様、漫然と観ているうちに終わってしまった。このところ、どうもノイマイヤー作品とは相性悪いわ。

『リーフ(葉)』 *世界初演
[振付]大石裕香 [音楽]アルヴォ・ペルト

ジル・ロマン

最近ご活躍の日本人振付家、大石裕香による新作。作品としてはそれほど印象に残らなかったンだけど、ふとした瞬間のロマンの姿は記憶に刻み付けられている不思議。

『ボレロ』
[振付]モーリス・ベジャール [音楽]モーリス・ラヴェル

上野水香
東京バレエ団

相変わらず散文的な踊りだな……と観ていたものの、客席のアウェイ感が、段々、気の毒になってきたり。カーテンコールの最中にあれだけ大勢の観客が席を立っていくのは、さすがに本人も応えるのでは?

【第4部】

『ウルフ・ワークス』
[振付]ウェイン・マクレガー [音楽]マックス・リヒター

アレッサンドラ・フェリ、フェデリコ・ボネッリ

フェリを観るのは何年ぶり? いや〜、衰えを知りませんね。
改めて、ボネッリっていいダンサーだな、と。

『マルグリットとアルマン』より
[振付]フレデリック・アシュトン [音楽]フランツ・リスト

アリーナ・コジョカル、ヨハン・コボー、デヴィッド・ホールバーグ

『マルグリットとアルマン』でこの場面ですか? コジョカルは、基本、コボー相手でないと踊らないの???
ホールバーグは『白鳥』よりは踊っていたけど、やはり本調子ではなさそう。

『プルースト──失われた時を求めて』より “モレルとサン・ルー”
[振付]ローラン・プティ [音楽]ガブリエル・フォーレ

ロベルト・ボッレ、マチュー・ガニオ

あぁ、プティだ……。振付家が亡くなると、往々にして作品のニュアンスも失われていきがちだけど、直接、指導を受けたダンサーが踊れるうちはまだ大丈夫だね。ちょっと安心した。

『アー・ユー・アズ・ビッグ・アズ・ミー?』
[振付]ロマン・ノヴィツキー [音楽]ハズマット・モディーン

レオニード・サラファーノフ、ダニール・シムキン、ダニエル・カマルゴ

男性3人が競うように踊る楽しい演目。サラファーノフって、意外にお茶目だったンだ! カマルゴ(私は初見)もなかなか魅力的。

『ドン・キホーテ』
[振付]マリウス・プティパ [音楽]レオン・ミンクス

タマラ・ロホ、イサック・エルナンデス

年齢を考えたら、確かにロホは凄いンだけど、振付を自分が得意とするバランスと回転中心に変えてしまっているあたり、如何なものかと。トリに相応しいダンサーは他にもいるンじゃないの?

【第5部/ファニー・ガラ】

NBSの高橋氏の挨拶(あるいは時間稼ぎ)によると、オーロラ姫の結婚式に集まった客人たち、だそうな。

『眠れる森の美女』より 〈ポロネーズ〉

式典長は指揮者のオブジャニコフ。毎回、何気にいるよね? 王様がアッツォーニ、王妃がガニオ(母親似で美人)。次々と現れる列席者たち。肝心のオーロラ姫は登場しないらしい。

『フォー・ミー、フォーミダブル』

マチアス・エイマン、ダニール・シムキン、デヴィッド・ホールバーグ

ドラァグクイーン姿のエイマンが、美少女戦士セーラームーン姿のシムキン&ホールバーグを従えて、しゃなりしゃなりと客席を練り歩く。あれ? エイマンってば、本当に歌ってる?

〈佐々木さんのために〉

マリーヤ・アレクサンドロワ、ウラディスラフ・ラントラートフ

スタジオジブリのアニメ映画『ハウルの動く城』の音楽で踊られる、ちょっとコミカルなパ・ド・ドゥ。誰が振り付けたのかしらん?

〈ジゼル〉

マリア・アイシュヴァルト、レオニード・サラファーノフ

アルブレヒトのアイシュヴァルトがジゼルの家の扉を叩くと……ん? ジゼルはサラファーノフ!? いや、普通に可愛いンですけど。踊りはかなりガチ。ハゲヅラでもアイシュヴァルトは素敵。

〈カルメンズ〉

イサック・エルナンデス、ジェルマン・ルーヴェ

照れてるのか、中途半端なエルナンデスのカルメン。打って変わって、ルーヴェのカルメンは完璧なプロポーションの超ゴージャス美女。その色気にすべての観客が陥落。

〈ホセ〉

ヴィエングセイ・ヴァルデス

前回はエスカミーリョのソロを踊ったヴァルデス。今回はホセなのね。

『眠れる森の美女』より 〈猫〉

レオノール・ボラック、フリーデマン・フォーゲル

キティちゃんの被り物が誰なのか、最後までわからなくて、フィナーレで初めてフォーゲルと判明。最後はポラックを抱えて去っていくフォーゲル。

『ドン・キホーテ』より 〈パ・ド・トロワ〉

タマラ・ロホ、ダニール・シムキン、デヴィッド・ホールバーグ

でっかいタンバリンを引きずってバジルのロホがよたよたと登場。と思ったら、セーラームーンなシムキン&ホールバーグと一緒に、バジルとキトリの友人のヴァリアシオンをさらりと披露。

『眠れる森の美女』より 〈青い鳥〉

マリア・コチェトコワ、エドウィン・レヴァツォフ

身長差がどんだけー! なペア。コチェトコワの青い鳥を高く高く持ち上げる黒子姿のレヴァツォフ。最初はちゃんとフロリナ王女の衣裳を着ていたのに、わざわざ着替えたなんて、ご苦労様です。

〈スパルタクス〉

エリサ・バデネス、ダニエル・カマルゴ

脇毛増し増しフリーギアのカマルゴ。美人だ〜。スパルタクスはバデネス。リフト系の振付を巧くアレンジして見せている。腕立て伏せで鍛えて、さぁ、来い! と胸を叩くバデネス。頼もしい。ンが、最後はやっぱりお約束のオチ(笑)。

『白鳥の湖』より 〈3羽の白鳥〉

ロベルト・ボッレ、フェデリコ・ボネッリ、ウラディスラフ・ラントラートフ

ボッレとボネッリが踊っているところに、ラントラートフが乱入(?)。いやいやいやいや、皆さん、ポワントワークがお上手で。すんばらしい!!!

『白鳥の湖』より 〈黒鳥〉

ドロテ・ジルベール、マルセロ・ゴメス

そして、最後にすべてを掻っ攫っていくゴメス。普通の公演でも通用するンでは? ってくらいの出来栄え。
ジルベールも王子のヴァリアシオンやマネージュをガチで踊って、なかなかのテクニシャン。

その後は、映画『ラ・ラ・ランド』の曲でリンボーダンスを一頻りやって幕。全員揃ってのフィナーレと恒例の手拭い撒きが終わり、閉幕したのは22時過ぎ。約5時間半。お疲れ様でした!

前回は出演者のInstagramをあれこれ探し回って紹介したけど、今回はそんな時間的余裕はなく。あしからず。

|

« あれよあれよという間に7月も終わり | トップページ | ねこあるあるある »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事