« 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 今年もあと2日 »

2018年12月29日 (土)

松尾スズキ30周年 大人計画30周年 30祭 宮藤官九郎と伊勢志摩の感動ドキュメント“伝説の先輩を訪ねて”

2018年12月29日(土)、30日(日) スパイラルホール
http://otonakeikaku.jp/stage/2018/30/index.html

ワタクシ的には、“伝説の先輩”と言えば、山本蜜さん! 温水洋一さんもありかな? と思ったけど、現在も役者として活躍してるし。ってことで、期待通り密さん登場。お元気そうで何より。

トーク出演:宮藤官九郎、伊勢志摩、宮崎吐夢、阿部サダヲ

最初にクドカンと伊勢さんが出てきて簡単な挨拶。その後はVTRとトークを交互に。途中から吐夢さんとサダヲちゃんも飛び入り参加。

前半は立石明石さんを訪ねて。知ってる人に挙手させたら、かなり少なかった。観たことある人に至っては数えるほど。逆にクドカンが「観てるの!?」と驚いていた。

立石さん、男前。でもって、兄貴。現在は建築関係の会社で働いていて、仕事中の姿もちょっとだけ映ったり。 途中で何度もクドカンが「知らないおじさんを見てるだけなんっすよね」とボヤいていたけど、語られる思い出話がどれも可笑しくて、全然、飽きなかった。

後半は山本蜜さんを訪ねて。退団後も2000年の『キレイ』には出ていたし、知ってる人もそこそこ。ただ、想像していたよりは少なくて、それだけ若いファンが増えたのね……と、思わず遠い目をするワタクシ。

蜜さん、お洒落。でもって、無口。伊勢さんが、「立石さんはもう演劇やりそうにないけど、蜜さんはやるかも」みたいなことを話していて、その感じはわかる。クリーニング店で働いているという現在でも、まだ得体の知れない雰囲気は漂っているンだよね。

舞台はとんとご無沙汰の新井亜樹さんも気になっていたンだけど、公式プログラム(劇団員と所属メンバーのインタビューが盛り沢山)によると、彼女はまだ所属メンバーではあるのか。

何はともあれ、この企画、メチャメチャ面白いので、他の先輩でもやってくれないかしらん?

|

« 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | 今年もあと2日 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事