« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

今年もあと2日

実家の大掃除をやっていたら、あぁ、もう、自分の部屋は完全に間に合わないじゃん! 窓ガラスをざっくり拭いて、玄関をささっと掃いて、はい、お終い(そんなんで神様にお越しいただけるのかしらん?)。

何はともあれ、皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

◎本日の読書
 『炎の色』ピエール・ルメートル

|

2018年12月29日 (土)

松尾スズキ30周年 大人計画30周年 30祭 宮藤官九郎と伊勢志摩の感動ドキュメント“伝説の先輩を訪ねて”

2018年12月29日(土)、30日(日) スパイラルホール
http://otonakeikaku.jp/stage/2018/30/index.html

ワタクシ的には、“伝説の先輩”と言えば、山本蜜さん! 温水洋一さんもありかな? と思ったけど、現在も役者として活躍してるし。ってことで、期待通り密さん登場。お元気そうで何より。

続きを読む "松尾スズキ30周年 大人計画30周年 30祭 宮藤官九郎と伊勢志摩の感動ドキュメント“伝説の先輩を訪ねて”"

|

2018年12月24日 (月)

歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部

2018年12月2日(日)〜26日(水) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

児太郎、梅枝に続いて、本日は玉三郎の阿古屋。物凄く昔に観たきりで、当時の記憶はほとんどない。共演者が誰だったかも覚えてないほど。三階東は阿古屋を眺めるにはいいけど、台詞や足拍子の残響が気持ち悪い(調べたら、2014年の團菊祭でも同じようなことを書いていた)。

続きを読む "歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部"

|

2018年12月18日 (火)

国立劇場 十二月文楽公演

2018年12月6日(木)〜18日(火) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

途中で寝てしまった鑑賞教室のリベンジ。ってゆうか、数日前にセンターブロック前方の戻りチケットを見つけてしまったので。登場人物が「全員悪人」ならぬ「全員狂人」でメチャメチャ面白かった!

続きを読む "国立劇場 十二月文楽公演"

|

2018年12月16日 (日)

歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目

2018年12月2日(日)〜26日(水) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

Akoya_b_makumi

先週に引き続き、今週も『阿古屋』の幕見。本日の阿古屋は梅枝。列に並んだのは先週より遅かったのに、難なく好みの席が取れて、ストレスはまったくなし。最後まで集中して観ていられた。

続きを読む "歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目"

|

2018年12月14日 (金)

国立劇場 社会人のための文楽鑑賞教室

2017年12月6日(木)〜18日(火) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

開演早々、前の席の客が爆睡。勿体ないなぁ……と思っていたら、休憩後は自分が爆睡。すみません。ホント、すみません。

続きを読む "国立劇場 社会人のための文楽鑑賞教室"

|

2018年12月 9日 (日)

歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目

2018年12月2日(日)〜26日(水) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

Akoya_k_makumi

玉三郎の阿古屋はチケットgetしたけど、あとのふたりは幕見で。まずは、児太郎から。かなり早く並んだものの、案の定、好みの席は取れず。そこに座った男性客が途中で寝ていて、寝るなら寄越せよー!(怒)

続きを読む "歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目"

|

2018年12月 5日 (水)

結局

マリインスキーの『ドン・キホーテ』には行けなかった(ってゆうか、行こうと思えば行けたけど、無理して行こうとまでは思わなかった)。現状、親の介護が最優先で、自分で使えるお金も時間も限られている中、とりあえず観ておくか、程度の軽い気持ちで行っても、碌な結果にならないことはわかってるし。

身軽になった暁には、思う存分、マリインスキー劇場に行くぞー!(いつの話だよ?)

ってことで、今夜はイーゴリしゃんとのんびり過ごしておりまする。

Cat_igor_15

お腹を優しくさすってあげると、気持ちいいらしい。

Cat_igor_16

◎本日の読書
 なし

|

2018年12月 1日 (土)

平成最後の師走

12月とは思えないほど暖かな陽気。そんな中、マリインスキー・バレエの来日公演が始まりましたね~。と言っても、私はチケットを買ってませんけど……。だって、観たいダンサーがいないンだもん。

ま、でも、スチョーピンとスメカロフくらいは観ておくかな、ふたりが出演する12月3日のガラでも行こうかな、と思っていたら、スメカロフは日本公演に参加しないことが発表されるし。

とりあえず、12月5日の『ドン・キホーテ』に行けそうなら、スチョーピン目当てに行こうかと。

あとは、週末介護の合間を縫って、歌舞伎座で阿古屋を何人観られるか???
文楽は鑑賞教室のみで、公演の方は諦めた。

◎本日の読書
 『「演劇の街」をつくった男』徳永京子

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »