« 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目 | トップページ | 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目 »

2018年12月14日 (金)

国立劇場 社会人のための文楽鑑賞教室

2017年12月6日(木)〜18日(火) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

開演早々、前の席の客が爆睡。勿体ないなぁ……と思っていたら、休憩後は自分が爆睡。すみません。ホント、すみません。

『団子売』

 杵造:豊竹靖太夫
 お臼:豊竹咲寿太夫
    豊竹亘太夫
    竹本碩太夫
    竹澤團吾
    鶴澤友之助
    鶴澤清公
    鶴澤清允

〈人形役割〉
団子売杵造:吉田玉翔
団子売お臼:桐竹紋吉

◇登場するかしら
団子売杵造:源太
団子売お臼:娘、お福

全体的に艶っぽさが足りない。多少、際どい歌詞も入っているし、もうちょっとくだけた雰囲気が出ると嬉しいな。

人形を踊らせるのって、結構、難しそう。

解説 文楽の魅力

豊竹希太夫(太夫)
鶴澤寛太郎(三味線)
吉田玉誉(人形)

鑑賞教室は今回で3回目だけど、毎回、ちょっとずつ説明が変わっている。

解説は昨年と同じ布陣。皆さん、喋りが巧くなっている!(特に、玉誉)
そうそう、一昨年やった休憩時間の展示、またやればいいのに。

『菅原伝授手習鑑』

寺入りの段
    竹本小住太夫
    鶴澤寛太郎

寺子屋の段
  前:竹本千歳太夫
    豊澤富助
  後:豊竹睦太夫
    鶴澤清友

〈人形役割〉
菅秀才:吉田簑悠
よだれくり:吉田簑太郎
女房戸浪:吉田文昇
女房千代:豊松清十郎
一子小太郎:吉田和馬
下男三助:吉田玉峻
武部源蔵:吉田玉也
春藤玄蕃:吉田玉輝
松王丸:吉田玉男
御台所:吉田玉誉
手習子:大ぜい
駕籠舁:大ぜい
百姓:大ぜい
捕手:大ぜい

◇登場するかしら
菅秀才:男子役
よだれくり:丁稚
女房戸浪:老女方
女房千代:老女方
一子小太郎:男子役
下男三助:端役
武部源蔵:検非違使
春藤玄蕃:金時
松王丸:文七
御台所:老女方

太棹の音があまりに気持ちよくて、途中から意識が飛んでおりました。
とりあえず、松王丸の玉男に得体の知れない大きさがあったな、と。でもって、表現が物凄く繊細だな、と。

【関連記事】
【12月文楽鑑賞教室・文楽公演】初日を迎えました!|独立行政法人 日本芸術文化振興会

|

« 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目 | トップページ | 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎 夜の部一幕目 »

2018年鑑賞記録」カテゴリの記事