« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月20日 (日)

初春歌舞伎公演 夜の部

2019年1月3日(木)〜27日(日) 新橋演舞場
http://www.kabuki-bito.jp/

このところ大役続きの児太郎。今月もちゃんと結果を出していて、感心感心。夜の部に限れば、何気に児太郎奮闘公演だったり。それにしても、うっすい座組だな。『牡丹花十一代』みたいな「祝祭性にあふれる舞踊」だと、特に気になる。ま、東京だけで四座も開いてちゃ、仕方ないンだろうけど。

続きを読む "初春歌舞伎公演 夜の部"

|

2019年1月14日 (月)

いよいよ團十郎!

リンク: 2020年5月、十三代目市川團十郎白猿の襲名披露を発表 | 歌舞伎美人(かぶきびと).

 2020年5月、6月、7月歌舞伎座で、市川海老蔵が十三代目市川團十郎白猿を襲名することが発表されました。同時に、海老蔵長男の堀越勸玄が八代目市川新之助として初舞台を行います。

 「この度、十三代目市川團十郎白猿を襲名させていただく運びと相成りましてございます。歌舞伎界におきまして大きな名跡でございます。このうえは己の命の限り、懸命に歌舞伎に生きてまいりたい所存でございます」。歌舞伎座の緞帳が上がり、緋毛氈に勸玄とともに並んだ海老蔵は、しっかりと前を見据えて襲名への決意を語りました。

以前から東京オリンピックに合わせた團十郎襲名は取り沙汰されていたし、海老蔵が自身のブログで14日に何らかの発表があることを思わせ振りに書いていたし、それほど驚きはなかったかな。むしろ、襲名披露興行のほとんど(歌舞伎座7月と地方)が三部制の方が驚き。たとえ公演日数が短くなったとしても(なるべく家族と一緒にいたいという海老蔵の希望を優先してのことらしい)、三部制にすればチケット収入はそれほど減らない、ってゆうか、チケット代によっては逆に増えるわけで。相変わらず阿漕やわ、松竹。

ま、何はともあれ、おめでとうございます〜。

◎本日の読書
 『贖罪の街』マイクル・コナリー

|

2019年1月 5日 (土)

謹賀新年

ちょっと寄り目(先日、猫飼いの先輩に指摘されて気がついた)のイーゴリしゃんと新年のご挨拶。
今年もよろしくお願いいたします。

Cat_igor_17

観劇ペースはますます緩やかになっていくと思いますが、たまにはお立ち寄りくださいませ。

ってことで、本日は2月文楽公演のチケット発売日。以前から試してみたいと思っていた3等席を初めてget! 7席しかないので、なかなか取れないのよね。こいつぁ春から縁起がいいわえ。

◎本日の読書
 『炎の色』ピエール・ルメートル

|

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »