« 二月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | にゃん、にゃん、にゃん »

2019年2月18日 (月)

国立劇場 二月文楽公演 第三部

2019年2月2日(土)〜18日(月) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

初めて座る3等席。7席しかないので、なかなか取れないのよね。端席の割にはストレスを感じず。ただ、三味線の音が直にくるので(何しろ目の前にいますから)、太夫の語りがちょっと聞き取り難いかも。

『鶊山姫捨松』

中将姫雪責の段
  前:豊竹靖太夫
    野澤錦糸
  奥:竹本千歳太夫
    豊澤富助
 胡弓:野澤錦吾

〈人形役割〉
浮舟:桐竹紋臣
桐の谷:吉田一輔
岩根御前:吉田簑二郎
奴角内:吉田文哉
奴宅内:桐竹紋秀
大弐広嗣:吉田清五郎
中将姫:吉田簑助
父豊成卿:吉田玉也

◇登場するかしら
浮舟:老女方
桐の谷:老女方
岩根御前:八汐
奴角内:端敵
奴宅内:端役
大弐広嗣:陀羅助
中将姫:娘
父豊成卿:孔明

もうねぇ、中将姫の簑助が絶品。なんつーか、すんごく有り難いものを見せていただいた気分。折檻の最中に自分を打擲している相手を見上げる「娘」のかしらがあまりにも清浄で、ほんっとに内側から光り輝いて見えた。いや、まぢで。

奥を語った千歳太夫、冒頭の「あら痛はしの中将姫」から引き込まれる。三味線の富助がこれまたdramatic。音楽関係の仕事についていながら、文楽三味線の聴き方がまだよくわかってなくて、だからこそ今回は床が目の前の3等席を取ったンだけど、少しだけ、本当に少しだけ、ヒントが掴めた気がした。

『壇浦兜軍記』

阿古屋琴責の段
阿古屋:竹本津駒太夫
重忠:竹本織太夫
岩永:竹本津國太夫
榛沢:竹本小住太夫
水奴:竹本碩太夫
    鶴澤清介
 ツレ:鶴澤清志郎
 三曲:鶴澤寛太郎

〈人形役割〉
秩父庄司重忠:吉田玉助
岩永左衛門:吉田文司
榛沢六郎:吉田玉翔
遊君阿古屋:桐竹勘十郎
水奴:桐竹勘介
水奴:吉田玉路
水奴:吉田和馬
水奴:吉田簑之

◇登場するかしら
秩父庄司重忠:孔明
岩永左衛門:与勘平
榛沢六郎:源太
遊君阿古屋:傾城
水奴:端役

12月の歌舞伎の『阿古屋』に続いて、今月は文楽の『阿古屋』。それほど間を置かずに観られるなんて、嬉しい限り。一人一役の掛け合い、すべての役の主遣いが裃姿、阿古屋は左(吉田一輔)と足(桐竹勘次郎)も出遣いと、とにかく格別感のある舞台だった。

何はともあれ、三曲を演奏した寛太郎。そもそも比べるものではないけれど、歌舞伎役者の演奏と和楽器奏者の演奏は、全然、別物。いや、すんごかった! これを聴けただけでも満足満足。

三曲ばかりが注目される中、太夫陣の健闘も光る。特に、重忠の織太夫に捌き役としての品格があり、襲名してからグングンよくなってるな、と。

阿古屋の勘十郎は華やかな傾城ぶり。演奏姿も見事(左遣いの一輔の存在も大きいかと)。床を見ているわけでもないのに、寛太郎の演奏と、何故、あんなにピタリと合うンだろう? ってゆうか、床を見ているようではダメなんだろうな。豪奢な衣裳に、さらにお手製の蝶と金糸銀糸の飾りをつけるだなんて、どんだけtoo muchな人なんだよ(褒めてます)。

【関連記事】
【2月文楽】竹本津駒太夫からのメッセージ(動画)|独立行政法人 日本芸術文化振興会
【2月文楽】初日を迎えました(舞台写真あり)|独立行政法人 日本芸術文化振興会
【2月文楽】「桐竹勘十郎が語る、阿古屋の魅力〜三曲の秘密篇〜」の動画を公開!|独立行政法人 日本芸術文化振興会
【2月文楽】「桐竹勘十郎が語る、阿古屋の魅力〜衣裳篇〜」の動画を公開!|独立行政法人 日本芸術文化振興会

|

« 二月大歌舞伎 夜の部 | トップページ | にゃん、にゃん、にゃん »

2019年鑑賞記録」カテゴリの記事