« 国立文楽劇場開場三十五周年記念 五月文楽公演『通し狂言 妹背山婦女庭訓』第二部 | トップページ | NODA・MAPの次回公演 »

2019年5月19日 (日)

團菊祭五月大歌舞伎 夜の部

2019年5月3日(金・祝)〜27日(月) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

Ushi_maku_1

たまたまチケットWeb松竹を覗いたら、3階席最前列が戻っていて、思わずポチッとな。昼の部は戻りそうもないので、幕見でもするかな(ま、無理だと思うけど)。

『令和慶祝 鶴寿千歳』

女御 後に 雌鶴:中村時蔵
大臣 後に 雄鶴:尾上松緑
宮中の男:中村梅枝
同   :中村歌昇
同   :中村萬太郎
同   :尾上左近

昭和天皇御即位の大礼を記念して作られた筝曲舞踊。初演は昭和三年の歌舞伎座。その後も慶事の折に再演され、今回は平成から令和への改元を寿ぎ、「令和慶祝」と付して上演。

と言っても、見所はそれほどないかも。前に観たのは歌舞伎座新開場 柿葺落四月大歌舞伎の第一部で、大勢出ていた分、もっと華やかだった。

『絵本牛若丸』
七代目尾上丑之助初舞台 劇中にて口上相勤め申し候

源牛若丸:初舞台 尾上丑之助
弁慶:尾上菊之助
お京:中村時蔵
鳴瀬:中村雀右衛門
山法師 西蓮:尾上松緑
山法師 東念:市川海老蔵
郎党 道後三郎次:坂東彦三郎
郎党 門脇市郎:坂東亀蔵
郎党 三條八平:尾上松也
郎党 寝鳥京七:尾上右近
郎党 厳島五郎:河原崎権十郎
郎党 播磨右平次:坂東秀調
淡路の局:中村萬次郎
金売り吉次:片岡亀蔵(坂東楽善休演につき、配役変更にて上演)
渋谷金王丸:市川團蔵
蓮忍阿闍梨:市川左團次
鬼一法眼:中村吉右衛門
鬼次郎:尾上菊五郎

初お目見得の時は、終始、ぐにゃぐにゃでれでれ状態で、手で顔を覆ったり、鼻の穴に指を突っ込んだりして、強烈な印象を残した和史くんが、七代目尾上丑之助を名乗って初舞台ですか。月日が経つのは早いのぉ。

幹部俳優から花形まで勢揃い。さらに、三挺三枚の竹本と五挺五枚の長唄。いや〜、実に、実に実に絢爛。

新丑之助は立ち廻りも立派にこなし、最後は菊之助扮する弁慶に肩車されながら花道を引っ込むと、客席からは万雷の拍手。いい歌舞伎役者になるンだよ。

Ushi_maku_2

『京鹿子娘道成寺』道行より鐘入りまで

白拍子花子:尾上菊之助
所化 仙念坊:河原崎権十郎
同  妙念坊:中村歌昇
同  喜観坊:尾上右近
同  雲念坊:中村米吉
同  阿観坊:大谷廣松
同  市念坊:市川男寅
同  悟念坊:中村鷹之資
同  覚連坊:中村玉太郎
同  阿面坊:尾上左近

筋書(今日から舞台写真が入りました)の上演記録を確認すると、菊之助が単独で勤める『道成寺』を観るのは、1999年の浅草公会堂以来だわ。ってゆうか、そもそも単独では大して踊ってない。『道成寺』の印象があるのは、玉三郎と『京鹿子二人娘道成寺』を踊ってるからか。

ってことで、菊之助、歌舞伎座初の『道成寺』。大舞台に相応しい大きさ、美しさ。滴るような色気と鐘に対する執着。あっという間の1時間。堪能した!

ちなみに、本日の舞尽くしは米吉でした。

『曽我綉俠御所染 御所五郎蔵』

御所五郎蔵:尾上松也
傾城 皐月:中村梅枝
傾城 逢州:尾上右近
子分 梶原平蔵:中村吉之丞
同  新貝荒蔵:大谷廣松
同  秩父重介:市川男寅
同  二宮太郎次:尾上菊市郎
花形屋吾助:市村橘太郎
甲屋与五郎:坂東亀蔵
星影土右衛門:坂東彦三郎

休憩時間で帰る客もちらほら。私の隣もいなくなっておりました。それにしても、何ともfreshな顔ぶれだこと。役者で見せる芝居だから、花形だけだとかなり辛いンだけど、こういうのも経験だからね。5年後、10年後に、また同じ配役で観てみたいかも。

そんな中、逢州の右近がなかなかの出来。
あと、土右衛門の門弟の新十郎、左升、荒五郎、吉兵衛が、いい味出しておりました。

【関連記事】
歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」初日開幕|歌舞伎美人
「團菊祭五月大歌舞伎」七代目丑之助初舞台の祝幕意匠を発表|歌舞伎美人
七代目尾上丑之助初舞台を発表|歌舞伎美人

|

« 国立文楽劇場開場三十五周年記念 五月文楽公演『通し狂言 妹背山婦女庭訓』第二部 | トップページ | NODA・MAPの次回公演 »

2019年鑑賞記録」カテゴリの記事