« 8月最後の日曜日 | トップページ | NODA・MAP 第23回公演『Q:A Night At The Kabuki』 »

2019年9月 1日 (日)

尾上右近自主公演 第五回 研の會

2019年9月1日(日)〜2日(月) 国立劇場 小劇場
https://www.onoeukon.info/

尾上右近の自主公演。「第五回」とのことだけど、京都と東京二都市にて開催とは、立派立派。本人による開演前のあらすじのアナウンスも親切。客席の雰囲気がとても暖かく、大向こうもしっかりかかり(歌舞伎座の初日と重なっていたのにね)、いい公演でした。

『弁天娘女男白浪』
浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまで

弁天小僧菊之助:尾上右近
南郷力丸:坂東彦三郎
忠信利平:市川九團次
赤星十三郎:中村梅丸
浜松屋伜宗之助:市川福太郎
鳶頭清次:市川新十郎
丁稚長松:坂東亀三郎
番頭与九郎:市村橘太郎
浜松屋幸兵衛:片岡市蔵
日本駄右衛門:市川團蔵

音羽屋のお家芸であり、「幼少期から真似をしていたほどの、言わば私の根本的ルーツ」と言うだけあって、初役の割には身についている。ま、多少、肩に力が入り過ぎな気もしないでもないけど、やんちゃな感じはよく出ていた。歌舞伎座で観られる日はいつになるかしらん?

南郷の彦三郎は初役。相変わらず声がいい。弁天の右近との息も合い、なかなかの出来。丁稚の亀三郎との親子共演も微笑ましく。
番頭の橘太郎は本役だけあって、安心して観ていられる。

《浜松屋》から道具変わって《勢揃い》。五人男に捕手が十人。自主公演で、よくもまぁ、これだけ揃えたね。

それにしても、成田屋の弟子はやばくね? 師匠が新作や自主公演ばかりやっているせいか、芝居が浮いているというか、世話物らしさに欠けるというか。ちょっと心配になってきたよ。

『酔奴』

奴可内:尾上右近

文楽座
浄瑠璃:豊竹呂勢太夫
三味線:鶴澤藤蔵
ツレ:鶴澤清志郎

「右近が義太夫のお稽古を受けている文楽の鶴澤藤蔵師がご出演下さることとなり……中略……本作への挑戦と」なったそうな。ぢつは、この文楽座特別出演がお目当てでして。いやいやいやいや、堪能いたしましたです。はい。

ちなみに、「道行など以外での義太夫地の舞踊」は珍しいらしい(大夫の語りを聴くものだから、踊りの伴奏はしない、ってこと?)。

竹馬に乗ったり、三人上戸(泣き上戸、怒り上戸、笑い上戸)を演じ分けたり、踊りの技量もさることながら、役者自身の魅力も必要かと。正直、今回は踊るだけで精一杯な印象だったので、今後に期待。

そうそう、プログラムにあらすじと詞章を併記していて、観客への心遣いに溢れているな、と。

|

« 8月最後の日曜日 | トップページ | NODA・MAP 第23回公演『Q:A Night At The Kabuki』 »

2019年鑑賞記録」カテゴリの記事