« 尾上右近自主公演 第五回 研の會 | トップページ | Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.7『オイディプス』 »

2019年10月 8日 (火)

NODA・MAP 第23回公演『Q:A Night At The Kabuki』

2019年10月8日(火)〜15日(火)/11月9日(土)〜12月11日(水) 東京芸術劇場 プレイハウス
https://www.nodamap.com

[作・演出]野田秀樹 [音楽]QUEEN [美術]堀尾幸男
[照明]服部基 [衣裳]ひびのこづえ [美粧]柘植伊佐夫
[サウンドデザイン]原摩利彦 [音響]藤本純子
[振付]井手茂太 [映像]奥秀太郎

それからの愁里愛:松たか子
それからの瑯壬生:上川隆也
源の愁里愛、愁里愛の面影:広瀬すず
平の瑯壬生、瑯壬生の面影:志尊淳
源義仲、法皇、源頼朝、平の虚仮威:橋本さとし
平の水銀、平の白金:小松和重
六波羅禿の巴、巴御前、尼トモエゴゼ:伊勢佳世
源の生母、平の溺愛母、尼マザーッテルサ:羽野晶紀
源の乳母:野田秀樹
平清盛、平の凡太郎:竹中直人

NODA・MAP初日。補助席だけど、観られればOK!

いきなり『俊寛』の幕切れ(みたいな場面)から始まったのにはビックリ〜。思っていた以上に『ロミオとジュリエット』で、歌舞伎の要素もちょいちょい入ってた。QUEENに関しては門外漢につき、曲と芝居の世界観が有機的に結びついていたかは判断つかず。

正直、二幕の途中まではピンとこなかったンだけど、終盤の手紙でグッときた。
初舞台の広瀬すず。身体能力が高く、声もいい。大健闘では?

入場時の本人確認について簡単に。入口手前でチケットと同じ名前が記載されている身分証を確認→当日の日付入りカードを受け取る→入口奥でチケットもぎり→入場、という流れ。私が着いた時はそんなに並んでいなかったので、割とsmoothだったような。

Nodamap_q

|

« 尾上右近自主公演 第五回 研の會 | トップページ | Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.7『オイディプス』 »

2019年鑑賞記録」カテゴリの記事